寄り添いを考える会

一人でいいから自分に寄り添ってくれる人がいたら、

乗り越えられるかもしれない。

叫べる人はまだいい。

叫べない人が、小さな声でいいから声を出せれば、

寄り添ってくれる人がいれば、

いてくれるだけで人生が変わるかもしれない

「1人の大人が君のそばにいるよ」


寄り添いを考える会は、子ども若者たちの命と心を守るために、
・いじめに苦しむ子ども若者
・学校が辛いと感じている子ども若者

・不登校や引きこもりにある子ども若者やその経験者

・日本国外にルーツを持つ子ども若者
・多文化共生家庭の子ども・若者
その他、困難な状況に置かれている子ども若者たちに寄り添える大人を増やし、
誰もが相互的にサポーターになり合える社会創りを目指して様々な活動を行ってまいりました。

重要なお知らせ

2020年3月末日を以て、寄り添いを考える会は活動を一時休止することになりました。

 

2014年7月に始まった準備期間から2016年4月の会設立、そして2020年3月までの約6年間、物心両面で寄り添いを考える会の活動を支え、ご協力をいただきました全ての皆様に、心より御礼を申し上げます。有難うございました。
また、寄り添い研修会や不登校生食堂をはじめ、寄り添いを考える会を信頼してくださっていた皆様方のご期待にお応えすることができなかったことを心よりお詫び申し上げます。


2018年度以降、不登校に関わる活動に偏り過ぎていた寄り添いを考える会は、2020年4月より寄り添いを考える会を前身とした2つの団体(「不登校生支援に特化した新団体」と「様々な立場・年齢の人たちへの寄り添いを模索すると共に、(不登校生を含む)寄り添いを必要とする子どもたちやそのご家族に寄り添う活動を行う新団体」として、それぞれが、寄り添いを考える会としては叶わなかった活動も行い、さらなるパワーアップを図ってまいります。

尚、寄り添いを考える会が行ってきた活動は、2020年4月以降、全て新団体に引き継がれます。
また、寄り添いを考える会としての活動は休止いたしますが、団体としての解散は致しません。
ホームページ等は、両新団体の「これまでの歩み」として今後も活用して参ります。
メールアドレスも、これまで通りにお使いいただくことができますが、ご連絡内容によって、新団体いずれかからのご連絡とさせていただきますことをご了承ください。
そして、いつの日にか、寄り添いを考える会としてでしかできない活動を始める場合には、会としての活動を再開する所存でおります。その日を楽しみにお待ち頂けましたら幸いです。

 

両新団体に対して、また寄り添いを考える会に対して、今後も変わらぬご支援を賜ることができますように、心よりお願い申し上げます。

 

2020年2月5日 寄り添いを考える会

私たちの活動


終了しました
2019年8月25日(日)13:00-15:00

当会は、不登校を選択肢の1つとして肯定しています。当会が主催する不登校肯定イベントは現行の学校制度を否定するものではありません。しかし、命と心を守るために、「学校」か「死」かという選択肢の間には「不登校」という選択肢があっても良いということを、社会に呼びかけていくイベントです。そして不登校当事者や不登校経験者の生の声を伝えることで、不登校に優しい社会を創ることを目指します。

 学校が辛い皆さんの駆け込み寺、不登校を選択した皆さんの安心安全な居場所、不登校経験者と不登校当事者やご家族を繋ぐ仲間作りの場です。

管理栄養士・栄養士・調理師・社会福祉士・薬剤師等の公的資格を持つ当会専門職スタッフがチームを組み、不登校当事者や不登校経験者の皆さんに「食」を通じた支援を行います。病気やアレルギー等で給食が辛い皆さんは、管理栄養士や薬剤師のアドバイスを受けることもできます。
2019年度の不登校生食堂は「草の根市民基金ぐらん2018年度助成事業」として実施します。

不登校生食堂HP
https://yorisoi-mchida-shokudou.jimdofree.com



ピンクシャツデーは、カナダで実話から誕生しました。毎年2月の最終水曜日にカナダをはじめ75ケ国以上の国や地域で、ピンクシャツを着て、「いじめ反対」の意思表示をする運動が広まっています。ピンクシャツデーは、子どもから大人まで誰もが参加することのできるシンプルなポジティブキャンペーンです。 当会も、ピンクシャツデーに賛同し、いじめに苦しんでいる子ども若者たちに「あなたは一人じゃない」「一人の大人が君のそばにいるよ」というメッセージを送ります。